小学部

小学部教育方針

なかよし豊聾っ子

なんでもがんばる子 (勉強や体験活動にしっかり取り組む精神)
かかわりを求める子 (明るい元気な挨拶、積極的コミュニケーション)
よさを見つける子  (友達のよさを発見、自分のよさを伸ばす)
しっかり考える子 (勉強にしっかり取り組み、自ら考え自ら行動する)

1 基本的な生活習慣の確立

(1)身辺自立に関する「生活習慣」の確立を目指す。
(2)学習を効果的に行うための「学習習慣」の確立を目指す。
(3)社会人として生きていく最低限のきまり「社会マナー」の習得を目指す。

2 学力の向上

(1)習熟度別授業(国語、算数など)、ティ-ム・ティ-チング(音楽、体育、特別活動など)できめ細かな指導を行う。
(2)自立活動の時間を中心に言葉の力、表現する力、聴き取る力を高めていく。
(3)総合的な学習の時間「子ネットタイム」では、体験的な学習・課題を追究する学習をし、教師の支援で子供たちの「生きる力」を高めていく。「子ネット発表会」で学習の成果を発表する。
(4)日記指導や作文指導により、書く力や表現力を高める。
(5)調べ学習などの自主的な学習を積極的に進める。
(6)体験を重視した活動、外部講師を利用した授業を積極的に取り入れる。

3 豊かな心の育成

豊かな心(思いやり、助け合い、優しさ、がんばる心 、明るい心など)
(1)動植物の飼育栽培を通して、命の大切さを教え、優しい心を育てるようにする。
(2)道徳教育や日々の生活指導では、子供たちの身近な出来事や体験を中心に、子供たちが理解しやすい方法で一人一人の心に迫る指導をしていく。
(3)読書を奨励し、読書月間の設定、読み聞かせ日の設定、感想文・感想画コンクール、文集作成などを積極的に行う。

4 社会性の育成

「なかよし班」活動
1年から6年を縦割りで分け、四つの「なかよし班」を構成する。部行事、清掃、児童会活動などで班活動を展開し、力を合わせて成果を得る場面を取り入れる。

児童会活動
児童会役員を中心にして、委員会活動(4年以上参加)や児童会の行事などを自分たちの手で運営する。
児童会集会活動(ようこそ小学部への会、レクリエーション大会、6年生を送る会など)では児童会執行部を中心に、全員で話し合って、子供たちが企画・運営する活動を取り入れる。

交流及び共同学習の充実
居住地校交流
学校間交流
聾学校体験交流
地域との交流

体験的な学習の重視
体験的な活動(児童会集会、校外学習、宿泊学習、修学旅行など)を計画し、視野を広め社会性を育てるとともに集団行動の基礎を養う。

一人通学
バスや電車の乗車及び駅でのマナ-やル-ルを守って、一人通学できるよう指導する。3年生以上(公共交通機関を使用しない近隣の児童を除く)の児童が安全に一人通学できるように指導する。

豊橋市立福岡小学校との交流
昭和37年度より、両校の交流が開始しました。
☆ クラブ交流
 4年生以上の子供たちが、学期に2回程度交流しています。
☆ あすなろ学級との交流
本校のたんぽぽ学級が、福岡小あすなろ学級と学期に1回程度交流しています。お互いが考えたゲームを一緒に楽しんでいます。
☆ 作品交流
図画、習字等の作品を交換し、展示しています。

豊橋市立中野小学校との交流
平成12年度より、両校の交流が開始しました。
☆ 学年交流
年度始めに、学年ごと話し合い、実態に応じた日程で中野小学校または本校で授業交流を実施しています。
また、中野小の校外学習(工場見学、郷土学習)やマラソン大会に参加する行事交流も行っています。

小学部教育目標

(1)物事に主体的・意欲的に取り組む態度を育てる。
(2)豊かな心を育み、言葉や行動で様々な事象を表現できる子どもを育てる。
(3)個に応じた指導を充実し、基礎的な学力を高め基本的生活習慣を養う。

めざしたい子ども像

・自分で考え、ためし、改善することを続けられる子(努力のできる子)
・他者の気持ちや意見を受け止め、協力できる子
・心、感受性、自尊感情(自己肯定感)をしっかりもつ子

小学部重点目標

(1)体験的な活動を重視し、基本的な生活習慣の確立を図ります。[生活習慣]
・体験的な活動(児童会、集会、校外学習、宿泊学習、修学旅行など)、自分のことを自分で
する、自分のものの管理をするなど、身辺自立に関する生活習慣の確立を目指します。
・総合的な学習の時間「子ネットタイム」等で、分からないことを自ら解決しようとしたり、体験的な学習活動により課題をより深く追究したりすることで、「生きる力」を高めます。

(2)一人ひとりの児童に合わせた支援を工夫し、基礎学力の向上と定着を図ります。
[学習習慣・学力向上]
・児童の実態に応じた目標や学習環境を設定し、個に応じたていねいな指導をします。
・自立活動を軸に、様々な授業や学校生活全般で、言葉の力、表現する力、聴き取る力、伝える力を高めます。
・日記指導や作文指導、生活の中での会話により、書く力、表現力を高めます。
・授業を通して考える力を養います。
・読書を奨励し、読書週間の設定、感想文・感想画コンクールへの応募などを積極的に行います。

(3)年齢を超えたグループでの活動、居住地校交流、学校間交流などで、さまざまな人間関係を体験し、集団の一員としてよりよく生活できる力を育てます。 [社会生活の基礎]
①豊かな心(思いやり、助け合い、やさしさ、がんばる心、明るい心 など)
・動植物の飼育や栽培を通して、命の大切さを学び、優しい心を育てます。
・道徳教育や日々の生活指導で、子どもたちの身近な出来事や体験を中心に、子どもたちが理解しやすい方法で一人ひとりの心に迫る指導をし、自尊心のベースを作ります。
②社会性
・「なかよし班」の活動
1年から6年を縦割りで分け、二つのなかよし班を構成します。
部行事、掃除、児童会活動などで班活動を展開し、それぞれの力を合わせてひとつのことに取り組む経験をします。

・児童会活動,執行委員会・・・児童会長1名(6年の学年委員)
             副会長2名(5年、4年の学年委員)
・さわやか委員会・・・4年生以上の全員
・全体会・・・小学部全員
児童会役員を中心にして、運営します。児童会活動(ようこそ小学部への会、レクリエーション、6年生を送る会など)では、執行委員会を中心に、全員で話し合って、児童たちが企画、運営する活動を取り入れます。

・交流及び共同学習
居住地校交流
学校間交流
地域との交流

・一人通学
バスや電車の乗車及び駅でのマナーやルールを守って、一人通学できるように指導します。
3年生以上(公共交通機関を使用しない学校近隣の児童を除く)の児童が安全に一人通学できるように指導します。